転職ノウハウ

第二種電気工事士 『合格への道』Vol.3

電気工事士合格への道

◆ 第二種電気工事士『合格への道』~筆記試験編~

筆記試験終了!

皆さん、いつも『電工ナビ』をご利用いただき、
ありがとうございます!

合格すれば一般住宅や店舗などの600ボルト以下で
受電する設備の施工を認められる国家資格『第二種電気工事士』。

前回、4名が第二種電気工事士試験を受験するという、
記事を掲載させていただきましたが、
無事!4名とも2020年10月4日に実施された筆記試験の受験が完了しました(^^♪

2020年度は上期の試験がコロナウイルスの影響で見送られ、
実施できなかった影響からか、
遠方の受験場所での試験実施も多かったようです。

こちらは試験前に撮影した、
最後の追い込みの様子です!!

結果はまだですが何はともあれ、
7月30日の申し込みから試験までの約2ヶ月間!
まずは本当にお疲れ様でした!

合格発表!

合格発表は試験日から約1ヶ月後!
2020年11月20日(金)を予定しており、
試験センターから郵送で合否の通知が届きます(^^♪

また、合格発表当日の検索は大変混み合いますが、
試験センターのホームページから
受験番号で合否を検索することもできます!

あとは合格を祈るのみですね(^^♪

一般財団法人電気技術者試験センター

合格者受験番号検索

いざ!実技試験へ!

筆記試験に見事合格すれば、
次はいよいよ技能試験!!

技能試験は2020年12月12日、
または13日を予定しています。

技能試験は実際に工具を使って、
配線作業を行います。

この技能試験に合格することで、
第二種電気工事士試験合格となります!

技能試験で出題される問題は予め13問公開されており、
当日にそのうち1問が出題されます。
そのため、試験対策としては13問全てを事前に練習しておき、
どの問題が選ばれても施工できる状態にしておくことが大切です(^^♪

技能試験については、
様々な団体で実施されている講習に参加したり、
過去の施工動画を見て勉強することもオススメです!

【講習実施団体名】
パナソニックライフソリューションズ創研
日本エネルギー管理センター
電気ライセンス研究所

今後も第二種電気工事士『合格への道』と題して、
4名の第二種電気工事士合格への道のりを、
ドキュメンタリー風に随時、記事にし更新していきます♪
今後の続報をお楽しみに!!

電気業界専門求人サイト「電工ナビ」!

電工ナビは東海・関東・京都における電気業界の求人情報が
多数掲載されている求人サイトです!
お住まいの近くや理想の働き方ができる会社様がきっと見つかりますよ!

電工ナビ-ロゴ-png-電気の仕事