転職ノウハウ

電気工事現場で必要な熱中症対策!!

この時期は”熱中症”に最警戒!

6月以降、暑さが本格的に到来しているいま
気をつけなければならないのが熱中症です。
特に、炎天下に屋外で作業をする電気工事現場の方は
強い日差しとの戦いになります。

どう対策すればいいの?

・空調服やクールタオルなど体温調節ができるグッズを身につける

・経口補水液(無ければスポーツドリンクなど塩分・糖分が含まれる飲料)

・こまめに日陰で休憩


以上の三点は、”現場”でぜひ徹底してください!

もちろんそれだけでは不十分!

熱中症は睡眠不足や体調不良の時などには、
特に掛かりやすくなります。

そのため、普段から
・バランスの良い食事を心掛ける

・しっかり睡眠をとる

・クーラーの温度を下げ過ぎない


この三点は、”私生活”でぜひ徹底をしてくださいね♪

熱中症の症状

熱中症は、程度に応じてさまざまな症状が表れます。

Ⅰ度(軽度)の症状        めまい・失神・筋肉痛・筋肉の硬直(こむら返り)
{体温:正常、意識:正常、皮膚:正常、発汗アリ}
Ⅱ度(中度)の症状     頭痛・吐き気・嘔吐・下痢・倦怠感・虚脱感・失神・判断力の低下など
重なって起こる
{体温:~39度、意識:正常、皮膚:冷たい、発汗アリ}
Ⅲ度(重度)の症状     意識障害・運動障害・けいれん・過呼吸・ショック症状などが
Ⅱ度の症状に重なって起こる
{体温:高温―触れると熱さを感じるぐらい}

熱中症らしき症状がみられたら?

万が一、熱中症らしき症状が自分
あるいは他の現場仲間に表れたときの
応急処置をご紹介します。

確認事項①
意識はあるか?
<ある場合>
日陰などの涼しい場所へ移動し、着衣を緩めて、氷のうや濡れタオルなどで太い血管が通っている、首・わきの下・太ももの付け根を中心に冷やす。
<ない場合>
救急車を手配→日陰などの涼しい場所へ移動し、着衣を緩めて、氷のうや濡れタオルなどで太い血管が通っている、首・わきの下・太ももの付け根を中心に冷やす。
救急車到着後→救急隊員の指示に従い、スグに病院などの医療機関へ
確認事項②
自力で水分を摂取できるか?
<できる場合>
経口補水液か、無ければスポーツドリンクなど電解質(ナトリウム・カリウム)が含まれる水分をゆっくり補給する
(※一度に多量摂取すると、糖分による中毒症状が起こる危険性があるため注意)
<できない場合>
スグに病院などの医療機関へ
確認事項③
水分補給後に症状は回復したか?
<した場合>
しばらく休息を取った後、動けるようであれば帰宅し安静にする
<しない場合>
スグに病院などの医療機関へ

電気工事現場は熱中症になりにくい??

引込工事を除く電気工事の現場は他の建設業と違い、
建物の枠が出来てから、本格的に現場での作業が始まることが多いです。
鉄筋などの基礎工事や建物周辺の土木工事、
枠を作っていく大工など屋外作業が多い仕事と比べて
屋内での作業が多かったりします。
だから屋外よりも直射日光にさらされる時間が少なく、
建設現場ではほんの少し熱中症になりにくいかもしれません

”かもしれません”と書いたのは、
屋内であっても外気温や湿度が高い日は
熱中症に十分気をつけなければいけないからです!

とはいえ、比較的屋内作業が多いのもたしかなのが
電気工事だったりします。
「体を動かすのが好き」
「一生モノのスキルを身につけたい」
「学生時代に取った電気工事の資格を活かしたい」
など、比較的働きやすい電気工事現場で働きたい方
そんな方への強い味方が”電工ナビ”です!

電気工事業界で働きたい方のためだけの求人サイト!

電工ナビは東海エリア・東京エリアの電気工事会社様を中心に
電気工事業界の求人が多数掲載されている求人サイトです!
だから、お住まいの近くや理想の働き方ができる電気工事会社様が
電工ナビできっと見つかります!
>>電気工事業界専門求人サイト”電工ナビ”<<

優良企業様ばかりを集めた求人特集!?

電工ナビの求人には、数ある電気工事会社様の中でも
特に働きやすかったり、厚待遇の企業様だけを集めた
”プレミアム求人”という特集が存在します!(※現在は東海版のみ)

「求人が多くて迷っちゃう。。」という方にはぜひ!
まずはこのプレミアム求人から探してもらうことをおススメします♪
☆☆>>東海版プレミアム求人特集はこちら<<☆☆

夏の暑さに負けず、電気工事業界で働くアナタを応援します☆