電工ナビ|【PC版】 愛知県求人特集

日本のほぼ中央に位置し、日本最大の自動車メーカーであり日本最大の企業「トヨタ」が愛知県豊田市にあり、県内総生産全国第3位の愛知県の電気工事求人をご紹介します。

愛知で働ける電気工事求人特集

電工ナビで転職・就職を進めるにあたり、「慣れ親しんだ土地で働きたい」「家の近くがいいな」など「勤務地」を一番重視している方は多いのではないでしょうか。日本の真ん中に位置し、東京にも大阪にもアクセスしやすい愛知県で働きたいと考える方は多いと思います。本特集では「愛知県」で働ける求人を集めました。愛知県は、リニア中央新幹線開業や2020年の東京オリンピック開催に向けて、電気工事のお仕事が多くあります。2020年開催の東京オリンピックについては、現在競技場の新築や改装が行われています。また、公共施設の耐震化、バリアフリー化、交通インフラなどの公共インフラ整備と、海外から多くの人がオリンピック観戦のため来日されると予想されているため、観光客が宿泊するためのホテルや商業施設のリニューアル等の新築や、オリンピックに出場するアスリート達の選手村などの電気工事が必要となっています。電気工事の需要が高まっている今が、就職・転職のチャンスです。電工ナビを通じて電気工事のお仕事を見つけましょう。

 この特集を見る

名古屋で働ける電気工事求人特集

電工ナビで転職・就職を進めるにあたり、「慣れ親しんだ土地で働きたい」「家の近くがいいな」など「勤務地」を一番重視している方は多いのではないでしょうか。そんな方のために、本特集では「名古屋市」で働ける求人を集めました。名古屋市は愛知県の県庁所在地で、東京大阪に次ぐ日本の三大都市と言われています。リニア中央新幹線開通により、現在89分かかる東京ー名古屋間が約40分、48分かかる名古屋ー大阪間が約27分となります。名古屋市は「世界に冠たるスーパーターミナル・ナゴヤ〜国際レベルのターミナル駅を有する魅力と活力にあふれるまち〜」というスローガンを掲げ、まちづくりに力を入れています。そのため、施設の改築・新築が必要となり、電気工事も必要不可欠となります。電気工事の需要が高まっている今が、就職・転職のチャンスです。電工ナビを通じて電気工事のお仕事を見つけましょう。積極採用中の企業も多くありますので、あなたにピッタリの電気工事に関する求人を見つけてみてください。

 この特集を見る

No.1人気職種!電気工事士の求人特集

今回の特集は、電気工事業界で人気の職種・電気工事士についてです。様々なもののIT化が進んでいる現代にとって、電気は必要不可欠な存在となっています。地球温暖化問題が深刻になり、省エネルギー化が今後の重要課題となっています。そのため、LED照明や太陽光発電設備などの需要が高まっています。電気はわたしたちの生活を支える存在であり、電気なくしては日常生活が成立しません。電気のある生活が当たり前なので、電気について改めて考える人はいないと思います。しかし、わたしたちが安全に電気を使えているのは、電気工事士のおかげなのです。電気は実際に目に見えるものではないですし、電気工事士自体あまり目立つ職業ではありません。しかし、自分が関わった仕事と共に建物は残り続けます。電気工事士は、わたしたちの生活・社会に大きく貢献できる資格となっています。電気工事士の需要が非常に高くなっている今が就職・転職する絶好の機会です。電工ナビでは多くの電気工事士求人を掲載しています。ぜひご覧ください。

 この特集を見る

No.2人気職種!電気工事施工管理技士の求人特集

今回の特集は、電気工事業界で人気の職種・電気工事施工管理技士についてです。電気工事を行うためには、各工事現場に「電気工事施工管理技士」の資格を持っている人が必ず1名以上は必要なため、非常に高いニーズがあります。工事現場の安全を守り、施工日程を円滑かつ安全に進めるのが電気工事施工管理技士の仕事です。つまり、電気工事をする人たちを統括する仕事です。全体を把握しながら中心となって仕事を進めていくスキルが身に付き、リーダー的存在だと言えるでしょう。近年、オール電化住宅・LED照明・太陽光発電設備など、サービスの多様化により電気設備が複雑化しています。そうした複雑な設備であるからからこそ、電気工事施工管理技士が施工図面と作業現場を照らし合わせて、きちんとチェックしなければならない状況になっており、ますます電気工事施工管理技士の需要が増えると思われます。電気工事施工管理技士の需要が非常に高くなっている今が就職・転職する絶好の機会です。電工ナビでは多くの電気工事士求人を掲載しています。

 この特集を見る

年間休日100日以上の電気工事求人特集

今回の特集では電気工事業界に就職して「しっかり働いて、しっかり休みたい」「プライベートも仕事も充実させたい」という方必見の求人をピックアップしました。年間休日とは、社員を募集しているその会社が定めている年間の休日日数の合計です。年間休日100日以上は「完全週休2日制」または、月の内何週かは週休一日の「週休2日制」のことを指します。電気工事業界で年間休日100日以上休める企業はあまり多くはないです。求人を見る時は週休何日なのかを見る方が多いですが、年間を通してどのくらい休めるのかを知っておくことは、ライフスタイルに合った働き方ができるかどうかの指標にもなります。自分がプライベートでなにを重視したいかを整理し、年間休日日数と照らし合わせてチェックすると良いでしょう。1年365日のうち1/4以上が休みとなる「年間休日100日以上の企業」をご紹介。電気工事の需要が高まっている今が、就職・転職のチャンスです。電工ナビを通じて電気工事のお仕事を見つけましょう。

 この特集を見る

入社お祝い金3万円以上の電気工事求人特集

今回の特集では入社お祝い金が3万円以上の求人を集めました。入社お祝い金とは、電工ナビに掲載中のお仕事に応募し、入社決定された方に対して「入社が決まったこと」をお祝いし、「これから新しいお仕事にチャレンジすること」を応援する気持ちを込めてお贈りしているプレゼントです。この入社お祝い金は、電工ナビに求人を掲載している企業からいただく報酬の一部をもとにして、電工ナビよりお贈りしています。お祝い金を就職・転職活動を頑張った自分へのご褒美にしても良いですし、新たに始まる仕事に向けての準備・工具類などの費用の足しにもなりますよね。お仕事を探すための求職活動にも、写真や履歴書、交通費といった様々な費用が発生しますが、電工ナビから採用が決まった方については、その一部の負担軽減につながればと願っています。電工ナビは、電気工事業界でお仕事をお探しの方を応援します。就職・転職活動を成功させて、お祝い金もゲットしましょう。

 この特集を見る

残業時間月30時間以下の電気工事求人特集

月残業30時間以内の電気工事求人を特集しました。電気工事が含まれる建設業は、もともと残業時間が多い業種と言われています。月の残業時間が100時間を越える…なんてニュースも耳にしますよね。毎日家でゆっくりする時間がなく、職場・現場と家との往復だけの生活になってしまいます。月の残業時間が30時間以内だと、仕事が終わってから自分の時間ができます。仕事の仲間と飲みに行って交流を深めたり、早く家に帰って家でゆっくりDVDを見たり、新たな資格取得に向けて勉強したり。残業時間が少なければ少ないほど、仕事以外に出来ることが増えますよね。企業によっては、定期的に職場の飲み会を会社負担で開催する企業もあります。社員の人たちが「働きやすい環境づくり」を整えようという取り組みをしている企業が増えてきました!仕事とプライベート両立したい!という方にピッタリです。電工ナビは、電気工事業界でお仕事をお探しの方を応援します。就職・転職活動を成功させて、お祝い金もゲットしましょう。

 この特集を見る

未経験者歓迎×資格不問の電気工事求人特集

今回は「電気工事未経験×電気工事に関する資格なし」の求人をピックアップしました。「電気工事の経験もないし、電気工事に関する資格も持ってない。でも電気工事の仕事をやってみたい!興味がある!」電工ナビは大歓迎です。企業は熱意や興味、意欲といった応募者の仕事に対する思いや、人柄や一般常識の有無といった人物像、今すぐは無理でも1年後、2年後、さらには10年後に会社の中核を担える人材へと成長できるかどうかといった中長期的な視点を持って採用を行います。また、社員を自社で一から育てる意向を持っているため、入社時の導入研修や仕事の習得レベルに応じた手厚い教育制度が整っている企業が多いのも特徴です。電気は世の中に必要不可欠なものです。わたしたちが安全に電気を使えているのは、電気工事士や電気工事施工管理技士などの人たちのおかげなのです。電気工事のスキルを磨くほど、仕事の幅が広がり、お客様の期待に応えることができます。ぜひ、電気工事業界への就職・転職は電工ナビにお任せください。

 この特集を見る

面接1回×書類選考なしの電気工事求人特集

面接が「1回のみ」で選考が決まる企業の特集です。就職・転職をするにあたって一番手間なのが、書類の送付をしたり、面接日程を企業と相談して合わせて何度も企業に出向くことですよね。特に就業中の転職活動は、面接日程の調整をするだけで時間がかかってしまい、なかなか次のステップに進めない。今回の特集では面接1回のみで選考が終わります。企業の方と実際に話す機会なく書類審査で落とされることもありません。選考にスピード感を求める人にとってはピッタリの求人特集になります! 「一番最初に内定をもらったから」「応募後のレスポンスが早かったから」といったことが転職先を決める理由に繋がることも多いことから、選考のスピード感を重視する企業も増えてきました。面接が1回ということは企業の方と入社決定までにお話をする機会も”1回きり”となります。自分をアピールする限られた機会だからこそ、面接で「話したいこと」「聞きたいこと」「これだけは譲れないこと」などきちんと予習してから面接に行きましょう。

 この特集を見る

福利厚生充実×賞与2回の電気工事求人特集

今回は「福利厚生充実×賞与年2回」電気工事企業の特集です。「福利厚生が充実している企業で働きたい」「ボーナスは年2回ほしい」という方には必見の特集です。福利厚生とは、企業が給与・賞与とは別に提供される、さまざまな制度やサービスのことです。電工ナビでは「資格取得支援制度」「社員旅行」「会員制リゾートホテルなどへの加入」「工具・道具貸与」「再雇用」「財形貯蓄」など、うれしい待遇・福利厚生がある企業、「賞与年2回」や決算賞与を支給している企業も多くあります。就職・転職先を探す上で、待遇や福利厚生、ボーナスは気になるポイントですよね。福利厚生は転職時の決め手の一つになることも多いですが、過度に質問をしてしまうと、働く意欲などを会社が汲み取れない可能性があります。ぜひ、あなたにピッタリ合った企業を見つけてみてください。電工ナビは、電気工事業界でお仕事をお探しの方を応援します。就職・転職活動を成功させて、より良い待遇の企業で働きましょう。

 この特集を見る