電工ナビ|電気工事の将来性

電気工事の需要

現在少子高齢化の影響もあり、電気工事士の人手不足が深刻になっています。そのため、電気工事士の求人募集が多くある傾向があります。様々なもののIT化が進んでいる現代にとって、電気は必要不可欠な存在となっています。日本は1.15℃の割合で上昇し、特に異常高温日が増え、熱帯夜や猛暑日が増加しています。その分冷房使用が増し、温暖化をさらに進めています。そのため、省エネルギー化が今後の重要課題となっています。そのため、LED照明や太陽光発電設備などの需要が高まっています。また、2020年の東京オリンピック開催に向けて、より多くの施設が新設され、改築されています。そのため、電気工事士の需要が非常に高くなっています。電気工事業者として独立を考えて、資格を取得して経験を積み、電気工事士の資格試験受験者数が年々増えています。

東京オリンピックの開催による需要の増加

経済効果は累計で20兆円を超える可能性があると言われている、2020年の東京オリンピックに向けて競技場の新築や改装が行われています。また、公共施設の耐震化、バリアフリー化、交通インフラなどの公共インフラ整備と、海外から多くの人がオリンピック観戦のため来日されると予想されているため、観光客が宿泊するためのホテルや商業施設のリニューアル等の新築や、オリンピックに出場するアスリート達の選手村などの工事が必要となってます。

リニア中央新幹線開通による東海地方への電気工事需要の増加

2027年までの開通を予定しているリニア中央新幹線により、電気工事業界はますます需要が高くなっています。変電施設、駅の照明・列車運行時刻などを知らせる電光掲示板、駅舎の電気諸設備(エレベータ・エスカレータ)などへ電気を供給する電源設備である電灯電力設備、近年設置が増えてきた走行列車との接触・ホームからの転落を防止するための安全柵装置、列車同士の車間距離に問題があったら停止を指示するための信号装置、電話やLANの情報通信機器など、さまざまな設備の建設・設置・メンテナンスが必要となります。電気工事のお仕事は需要がどんどん高まっています。

電気工事の資格を取得しよう

電気工事に関する資格を取得することによって、独立できる・手に職を身につけられる・電気工事の需要が増しているので仕事に困らないなどさまざまなメリットがあります。そのため、近年電気工事に関する資格試験の受験者数は年々増加しています。
「電気工事士」の資格には、工事範囲によって『第一種電気工事士』と『第二種電気工事士』の2種類があります。「電気工事士」の資格以外にも、「電気工事施工管理技士」、「電気主任技術者」、「電気通信工事担当者」、「消防設備士」「高所作業車運転技能講習」等の資格を保有していると、電気工事士としての仕事の幅をさらに広げられます。実務経験を積んで電気工事士としてのスキルアップをしていきながら、関連する資格の取得も目指しましょう。

電気工事に関する資格について詳しく見る